ウェディングマリアのコーヒーブレイク

maria125.exblog.jp
ブログトップ

ボストン美術館展

a0021558_22473394.jpg

ゴールデンウィークのまっただ中。

定休日で唯一マリアもお休みになった今日は、
かねてから楽しみにしていたボストン美術館展の観賞に
森美術館にでかけてきました。

お天気も良かったし、お出かけには本当にサイコー!!だから人出の多かったこと。
52階の美術館にたどり着くまでの混雑ぶりは
まるで、ディズニーランドでシンデレラ城のエレベーターの順番待ちをしているが如く・・・

作品は・・・
入館するといきなり
ベラスケスとマネの肖像画に迎えられ、すぐにレンブラントの大作が2点。
ファン・ダイクの気品ある肖像画も見ごたえがありました。

この美術展は一定の時期や作家にとらわれるのではなく、
肖像、宗教、日常生活、風景、生物のテーマ別に分けて展示をし各作品の共通点や相違点を読み解く試みを提案したのだそう・・・。

16世紀の宗教画から19世紀の印象派まで、幅が広い。
作品の展示のせいか印象の深い展覧会でした。
有名な画家たちばかりを集めた作品展になっていて見ごたえがありました。
一人の作家に対して作品数が少ないのと
もっと別な作品があったのでは・・・と、思わせてしまうやや残念なところもありました。


見終えてエレベーターに乗るまでが・・・また、
ディズニーランドで
今度はスターツアーズの順番待ちをしている気分になってしまいました・・・(汗)
[PR]
by wedding-maria | 2010-05-03 23:26 | 歳時記