ウェディングマリアのコーヒーブレイク

maria125.exblog.jp
ブログトップ

犬塚勉展

a0021558_22512489.jpg

「日曜美術」で紹介されて、興味がありました。

綿密に描かれたその画面を見たくて、日本橋高島屋へ。

登山家だった画家が谷川岳で帰らぬ人となったのは、38歳という年齢。

自己の画風が確立されようとしていた絶頂期のその時。


面相筆で緻密に描かれた山の草木の、一本一本の細い雑草までが
触れそうなくらいに緻密に描かれています。

その後、ブナの原生林をテーマにした作品、
そして岩と水の作品へ・・・・

緊張感があるけれども、どこか懐かしく優しさがありました。



観て良かった・・・と素直に感じられる作品たちでした。




日本橋高島屋
a0021558_2343238.jpg

あまり訪れたことがなかったのですが
良く見るとレトロなデザイン。
a0021558_23145498.jpg



a0021558_23152353.jpg



a0021558_23154113.jpg

それもそのはず・・・1933年まさにアールデコ様式の時代の建造物でした。

国の重要文化財にも指定されています。
一時、改築の話があったようでしたが、現在はこのまま残すのでしょうね・・・。


秋の気配のなか銀座方面へ歩きながら、ちょっといい気分の休日になりました。
[PR]
by wedding-maria | 2011-09-25 23:17 | 歳時記