ウェディングマリアのコーヒーブレイク

maria125.exblog.jp
ブログトップ

おもてなし

日本の「おもてなし」の心は、世界に誇れる文化のひとつです。

昨日は、お気に入りのお食事処へ大切なお客様をお連れしました。

地元も地元、千波湖畔にたたずむ「とう粋庵」


特別にしつらえたクロスに、お出迎えの優しい心遣いを感じまずは嬉しくなっちゃいました。

a0021558_11404721.jpg

前菜は、料理長さんが季節に合わせて趣向をこらしたもので、目にも楽しい。
特に、なすびに形を変えた実はジャガイモでつくられたなす芋は
にんまり・・・したくなっちゃう意表をつく美味しさでしたよ。
前菜が7品も☆
常陸牛のタタキは、あっさりと。秋刀魚の甘露煮はやや甘めに。
それにパリパリ・・・と大根の千鳥漬けがまた、爽やかでした。

最初にお口に運ぶ前菜ってすごく大切ね。(そのお店の評価がここで決まる、みたいなくらいに)



新鮮なお刺身をいただいて、



a0021558_1150690.jpg

お魚料理に・・・



a0021558_11504915.jpg

お肉は、あっさりめに地鶏を炙って、香ばしく。



a0021558_11515425.jpg

デザートは、カシスのシャーベットを中心に・・・。


メインディッシュの飾りつけは、秋の季節を感じさせる柿の葉が添えられていました。


お腹がはち切れそうなほど一杯にならないくらいのお料理で・・・とお願いしてありました。
まさに、ぴったりくる量と内容でした。


お連れしたお客様にもご満足いただきました。
美味しいお料理があるからこそ、さらに楽しい会話も弾んだ幸せなひと時でした。



素材をいかして、さわり過ぎない日本料理の美味しさは、やっぱり世界に誇れる「おもてなし」ですね。


「ご馳走様でした~♪」
[PR]
by wedding-maria | 2011-10-16 12:13 | 歳時記