ウェディングマリアのコーヒーブレイク

maria125.exblog.jp
ブログトップ

ベラドンナ・アート展に向けて・・・vol.1

今週18日からいよいよ、ベラドンナ・アート展が始まります。

私の作品は
「受け継がれるもの~夢のつづき~」と題した大正末から昭和初期に作られた着ものを素材にしたドレスです。

着ものをほどいたところの写真です。
a0021558_1352958.jpg


こちらは、刺繍を施している製作途中写真です。
a0021558_2395079.jpg


祖母は、地元が水戸藩時代の城下町にあたる下市の出身でした。
当時大きなお醤油問屋のお嬢様だったと聞いています。そのころに着ていたか母の実家に嫁ぐときに
持たされたものか定かではありませんが、その頃の着もののようです。
余談ですが、祖母が嫁いだ先(つまり母の実家)は、あの、桜田門外の変で幕府にクーデターを起こした
天狗党の末裔なのだそうです。
そんなまるで歴史物語ができそうな着物の、色と柄に、私は魅せられました。
サーモンピンクというよりは、アプリコットカラーに近いピンク。
古典柄の花と扇。色合いがどれも鮮やかで延び延びとしています。当時の街娘がきていた中振袖といった感じでしょうか。。。。

眺めているうちに、これを私の実家に嫁ぐときに持たされた母の思いと
若いころから活発な性格の母の本当はしたかったであろう「夢」を形にしたいと考えました。
[PR]
by wedding-maria | 2014-04-13 13:26 | 歳時記