ウェディングマリアのコーヒーブレイク

maria125.exblog.jp
ブログトップ

ルネ・ラリック・・・チャボ(カーマスコット)

新国立美術館で開催されている
ルネ・ラリック 華やぎのジュエリーから煌きのガラスへ ・・・・やはり感動でした。
a0021558_2216599.jpg

1860年に誕生したルネ・ラリック。
本格的に宝飾デザイナーになったのは、20歳。

1889年29歳のときに、パリ万博博覧会に出展。
「寝食を忘れて製作に没頭した」

1900年パリ万博博覧会に宝飾100点以上の作品を出品
このあたりまでは、ジュエリーだけの製作をしていたのが

1909年にコティ社から依頼があり香水ビン「シクラメン」を製造
ガラス製品を本格的に作り始める。この時すでに49歳

1925年アール・デコ博覧会のガラス部門の代表を務め
ガラス製の噴水塔「フランスの水源」を出展した。65歳

宝飾デザイナーからガラス工芸家へと転身した、
前半と、後半のどちらもが成功し現在に受け継がれている・・・・。

a0021558_22404586.jpg

展覧会場にもありました。
カーマスコットの「チャボ」1928年製作

マイショップの、アンティークギャラリーリューシュのショーケースの中にいましたよ。
う~~~~~ん・・・美しい☆
[PR]
by wedding-maria | 2009-07-19 22:55 | MY SHOP