ウェディングマリアのコーヒーブレイク

maria125.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ファッションストリート・・・表参道

お洋服の受注会で青山まで出かけた帰りみち・・・・
いつものように246を横切り、表参道をぶらり・・ぶらり・・・・

いつものようにアニヴェルセルのドレスやアクセサリーを観て
時間があればカフェでゆっくりとコーヒーですが
展示会も最終時間に遅れたくらいやや遅かったので
(なにしろ、地方まで帰らなきゃならないし・・・・)
そのまま、また表参道をぶらり・・・・

ヒルズもすっかり落ち着いた雰囲気になりました
a0021558_22424449.jpg

この回転木馬(?)ったら、ほんと、おしゃれな大人なムードで
a0021558_22474473.jpg

こ~んなブランドショップだらけになった通りにも、なじんできたような

有名ブランドが競い合うように並んでいる原宿表参道・・・・

かなりお澄まし顔の街になりましたね。
[PR]
by wedding-maria | 2006-04-30 23:07 | mariaのお仕事

フラワーシャワー

結婚式の御呼ばれがあり、出席させていただきました。
a0021558_21532291.jpg

挙式のあとフラワーシャワーで新郎、新婦さまをおむかえする、このシーンがとても好き。

通り過ぎるお嫁様のドレスやヴェールにはみんなの祝福でいっぱいのお花がたくさんくっついて

お嫁様が進む足取りにあわせて動くでしょ、ここがさらに好き。

お二人が輝きながら通りすぎるでしょ。

ドレスの裾には花びらがいっぱい☆

マリアのオーダードレスだから、なおさらカンゲキ!!

『これからもたくさーんドレスをつくるぞー!!!』
[PR]
by wedding-maria | 2006-04-24 22:31 | mariaのお仕事

エンパイアライン

a0021558_23291025.jpg

8月の海外挙式のデザイン画です。

エンパイアラインのドレスはクラッシックなイメージ、かつ個性的でもあり、かわいらしい、やさしいなど、たくさんの要素を持ちます。

今月はじめ、母校でもある新宿の専門学校の服飾美術館をたずねたところ、
運良くエンパイアラインのドレスを見ることができました。
19世紀末から20世紀初頭くらいのドレスだったと思います。
ハイウェストの切り替えに細かいタックがいっぱいたたまれたかわいらしい清楚なイメージのドレスでした。
クリノリンという鯨のヒゲで作られたドレスを膨らませるためのランジェリーがあるのですが(現在はパニエと言われ、もちろん鯨のヒゲではありません)
それをはいてドレスをパンパンに膨らませていた時代がありました。
それに反発するようにその当時最新ファッションとして、登場したのがエンパイアラインのドレスだったのです。
今ほど流行がコロコロ変わってしまう時代ではなかった頃に、旧ファッションのクリノリンスタイルのご婦人(上流社会の人々の象徴)と動きやすいエンパイアスタイルのご婦人(力をつけてきた庶民層)が街ですれ違うさまを、想像するだけでも、ワクワクします。
[PR]
by wedding-maria | 2006-04-20 23:59 | mariaのお仕事

まあだ、毛布!?

桜も、すっかり散ってしまったというのに
a0021558_17314436.jpg

チョコたんは、まあだ毛布にくるまっています。
いや~、人間様もまだまだ毛布が必要なほどです。
今年の春は長い!
ファッション売り場は初夏物に変わりつつあるのですが、これでは苦戦です。
マイショップ、マリアでも今週末から
「airy SUMMER 2006」
と題して初夏のファッションセールにはいります。

どこよりも早い夏物のセールです。

お日様がふんわり。。。。顔を出して、やっと芽吹いてきた木々の芽をぐんぐん。。。。と成長させて、だんだんと緑を濃くしてくれる。
そんな季節はもう、まもなく、です。
[PR]
by wedding-maria | 2006-04-19 17:44 | ねこ・ねこ・ねこ

エントランスは花の競演

この季節はショップの庭が急に華やかになりますよ。
お行儀よく並んで花をつけるタイツリソウ
毎年ちゃんと芽をだしてちゃんと花をつけてくています
a0021558_2014136.jpg


これはチューリップの原種なそうです
a0021558_2043817.jpg


クリスマスローズは長い期間花を楽しませてくれますよ
a0021558_2084379.jpg


この花の名は・・・・・?・・・・
a0021558_20111370.jpg

忘れました・・・・・!!
[PR]
by wedding-maria | 2006-04-13 20:21 | MY SHOP

飲みたい!!

a0021558_12193319.jpg


・・・・・・

んっ・・・・・!
a0021558_1220393.jpg

しかたない・・・・手ですくって・・・・と・・・・
a0021558_12222948.jpg

う~ん・・・・    物足りない
a0021558_12232252.jpg

飲みたいよ~!!

・・・・・・・
[PR]
by wedding-maria | 2006-04-08 12:28 | ねこ・ねこ・ねこ

ナルニア国物語

原作は読んでいないので、どんな内容なのかは全く知りませんでした。
TVのPRを観たくらいかな。

戦争の最中に子供たち(4人兄弟)だけで、田舎に疎開をするのですが、その電車のなかで流れるビョークの歌声を聴いただけで、これから始まる不思議の世界がイメージされてワクワクしちゃいましたよ。

古いお城のような館の調度品は、ほとんどがアンティーク。

たまたまかくれんぼをして隠れた天井に届きそうなほどの大きなワードローブが、別な世界への入り口になっていたの。
ワードローブの中の毛皮をかき分けるように進んでいるうちに、真っ白な雪国へ転がりでてしまう。これがまた、子供の頃経験したような無邪気な心にさせられてしまう場面です。

冬の世界しかないナルニア国で最初に出会うのが、2本だけの馬のような足を持つフォーンのタムナスさん。そこから伝説とファンタジーの世界がどんどん広がっていきます。

とっても、豊かな気分にさせられる上品なファンタジーでした。
製作スタッフの多くが、あの「ロード・オブ・リング」を手がけた人たちなので妥協を許さない技術がさらに高級な気分にしてくれていたようです。

少しお疲れ気味のかたにも、ぜひお勧めです。
豊かな気分になれますよ♪
[PR]
by wedding-maria | 2006-04-04 22:11 | MOVIE