ウェディングマリアのコーヒーブレイク

maria125.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

歴史的大敗

「自民歴史的大敗」・・・・新聞もマスコミもテレビ番組も選挙一色です。

国民は怒っています。しっかりして下さいよ。私達の「これから」を守るためにもっともっと危機感を感じて、死に物狂いでまっすぐに、政治を全うしてください。私利私欲のために政治家になっているとしか言いようのない現状です。
どの政党であれ、私たちはあなたたち政治家に託すしかないのですから。
税金を払うために、お仕事しているのではないはずです。

これを機会に歴史が動く、その時にしてもらいたい。

・・・・と、私も国民のひとりとして言いたい。
[PR]
by wedding-maria | 2007-07-31 08:49 | 歳時記

9月展新規開拓に受注会に・・・

a0021558_1835183.jpg

10月の花嫁さまのマーメイドドレスのトワルです。着物生地と帯を使ったデザインで、出来上がりが今から楽しみ♪
明日仮縫いをします。

今日も夏日で、いつの間にか梅雨あけしてしまったようなお天気がつづき、体がこの暑さに慣れるまでが少々キツイ・・・・;;;
昨日もこんな暑さの中、またまた生地探しに日暮里を徘徊し・・・
そのあとは、マリアのお洋服の展示会のための新規の取引先をたずね、
さらに、青山のブラウス専門ブランドの受注会に出かけてきました。
こちらは2008年の春・夏物。
これからが本格的な夏になろうという頃に、すでに来年物ですから
一年が過ぎてゆくのが早い。


自分のお気に入りのお洋服って、だいたい傾向が似てきてしまい、捜すのも疲れて大変だからだんだん同じブランドのデザインが増えていきます。それはそれで良いのですが、私自身今までのお洋服のほかに「何か。。。」が欲しくてずっと捜していました・・・・。

今度の新規店のお洋服たちは今までのマリアのショップにはなかった傾向のデザイン。
フランス・イタリアのインポート物。
はじめて出かけ、その明るさとお洋服に秘めた元気の出るパワーにすっかり魅せられてしまいました。自分でも今までは着たことがなかったタイプで、ショップのオーナーさんたちとコーディネートしているうちにすっごく楽しくなってしまいました。
女性をキュートにさせてくれるカジュアルライクなおしゃれをうんと楽しめるデザインです。
また、そんなお洋服を直接ヨーロッパに買い付けにいってるというオーナーさんたちが洗練された魅力を持つ素敵な方たちで、益々楽しくって大はしゃぎしてきてしまいました(^^;

だから、自分も違った魅力の「私」を見つけ出せるようにチャレンジしようと思っています。
秋が楽しくなりそうですよ・・・♪
[PR]
by wedding-maria | 2007-07-27 18:43 | mariaのお仕事

リングピロー手作り講習会

a0021558_2243097.jpg

明日はリングピローの講習会を開催します。
アトリエで皆でテーブルを囲んで手作りします。
短時間な中、集中して作っていく楽しさがありますよ。
出来上がった達成感もでますね・・・・。
自分で手作りしたのを実際にお使いいただけるといいなと思います。

a0021558_22514071.jpg

一階に飾られているお花です・・・・。
変わったアジサイの花でしょう・・・・。絵画教室の生徒さんからいただきました。
爽やかな気分になれそう・・・・です。
[PR]
by wedding-maria | 2007-07-21 22:59 | mariaのお仕事

サンプルのお花たち。

ドレスデザインにお花は欠かせないアイテムのひとつです。
デザインが一着づつ違うのだから、それにつけるお花も当然違う素材の違ったデザインになります。
a0021558_19153519.jpg

これは着物地ドレスのためのコサージュ。
ご本人様のお祖母様が使われた帯で作ってあります。
ワンショルダーの肩から胸元にかけて、華やかにたくさんお花をつけます。
a0021558_19195232.jpg

こちらは、白ドレス用のカサブランカ。
立体感をだしたものと、わざと潰れたようにデザインされたカサブランカをマーメイドドレスのほぼ全身につけていきます。
こちらは、デザインの最終決定はこれからなのでどこに、いくつつけていくか考えながらデザイン画を仕上げるつもりです。

これらのお花はいつもかすみ草さんに作っていただいています。
私のイメージどおりに、またそれ以上にいつもステキです。
東京から九州の田舎に引越しをされて3年が経つそうです。
9月にアトリエ兼店舗を市内にオープンさせることになりました。
都心を離れたのに、ちゃんと将来を見据えてがんばってらして、益々応援したくなります。
オープンのお祝いがてら、会いにいきたくなりました。
[PR]
by wedding-maria | 2007-07-19 19:37 | mariaのお仕事

ラベンダーカラーのドレス

a0021558_22154795.jpg

ラベンダーカラーのステージ衣裳のオーダーをいただきました。
今日はその素材捜しに生地屋さんにでかけてきました。

ドレスのイメージに合った生地を探すのは容易ではありません。
生地の卸し屋さんが少なくなり、以前はあったはずの使い慣れた生地が製造中止になっていたりします。
ましてシルクでさらに色物になるとさらに選択肢が少なくなります。
ネットでも調べたりします。
ここはどうかな、と問い合わせたりサンプルを送ってもらったり。
素材はよくても仕入れ値が折り合わなかったり。

今日はシャンタンとタフタをサンプルカットしてもらいました。
これにシルクシフォンかシルクジョーゼットを組み合わせて・・・・
デザインの再検討です。
[PR]
by wedding-maria | 2007-07-16 23:44 | mariaのお仕事

姉御のチロちゃん

a0021558_2326495.jpg

チロ姉御が・・・・・


・・・・・・・・かくれんぼ。


・・・・・・んっ?・・・・


はみ出してるよ。


せめてあと5キロはダイエットしないとねぇ~・・・・
[PR]
by wedding-maria | 2007-07-12 23:33 | ねこ・ねこ・ねこ

もうひとつのエンパイア・・・9月の花嫁VOL.2

a0021558_213106.jpg

今のこのショップをオープンさせる以前、
駅に近い桜川という、本当に桜並木が川の土手沿いにつづいている場所で
アンティーク専門ショップをオープンさせました。
20坪ほどのテナントショップです。東京から越してきたばかりで、まるで青山か代官山にあるような、美術館に近いような品揃えで(商品が少なかったので)贅沢なお店でした。
窓際に近い場所に道路からも見えるように喫茶コーナーを設けました。
全部で8席くらいだったかな・・・。

ちょっと離れた場所に現在も予備校があります。
その当時予備校帰りにその喫茶コーナーでコーヒーを飲んでいた、という新郎さんがお嫁様を連れて、今年の5月の終り頃、突然たずねてこられました。

美容師さんをなさっている彼女が決めていたのは、エンパイアスタイルのシンプルドレス。
「・・・ないかもしれないけど、自分ならこんなドレスを着てみたい・・・」と考えていたそうです。
それは・・・・1996年に上映された映画「エマ」が着ていたウェディングドレス。
清楚なそのドレスが違和感なくピッタリはまるステキな彼女です。

不思議です。たぶん彼女がエマのドレスに思いを馳せていた頃、私は実際に作っていたのですから。しかも、エマのドレスが紹介されていた展覧会の時のパンフまで持っていたのです。

たぶん・・・レンタルでは彼女の願いは叶えられなかったでしょう・・・。
当時予備校生だった彼が、(表看板はあくまでアンティークで、ドレス作りはたぶん何かのついでに話した程度。まして彼にとっては未来のことで・・・・)その時以来、彼女のためにマリアを思い出して下さった・・・
そしてその後移転してしまった今のショップを見つけてたずねていらした・・・・
しつこいようですが・・・・
すばらしい偶然です。嬉しくて、感謝☆・・・です。

・・・・ショップを持ったことで、たくさんのかたにお会いすることができました。
これからも・・・・ずっと・・・。
[PR]
by wedding-maria | 2007-07-11 22:31 | mariaのお仕事

レースの魅力・・・9月の花嫁

a0021558_1154766.jpg

ベースは、Aラインドレス。
程よい分量のフレアーで、トレーンはやや長め。
花嫁様は、小柄で華奢なお嬢様で、大げさなデザインは必要ありません。

何より、ご本人様がホテルや他のドレスショップのドレス試着をなさってから
納得いくデザイン、サイズがなく、マリアのオーダードレスを望まれました。

そのドレスいっぱいにレースを刺繍します。
フランス製のリヴァーレース。

アトリエを構えてはじめて使うことができるようになった高級品です。
以前、アパレルメーカーにいたときは、憧れてはいましたが使えませんでした。
それをもう20年に渡って、さまざまなデザインのレースを使い続けています。

レースを載せると、まっさらのドレスが生き生きと輝きを放ちます。
20年使っていても飽きません・・・・。

レースの作られた過程や背景が繊細ながら迫力ある編地に力強く込められているのだと思います。そういう「本物」を使えるオーダーのお仕事って、最高です。
[PR]
by wedding-maria | 2007-07-08 11:38 | mariaのお仕事

キスリング展に寄せて・・・セカンドステージ

a0021558_12165920.jpg

近代美術館のフレンチレストラン、プチ・ポワルの展示換えをしました。

今回は新作のエンパイアドレス。
プリザーブドフラワーアーティストの松岡満里さんが、マリアのドレスに合わせてつくって下さったブーケはバスケット型。
クラシックにやさしげに調和しています。
実はこのバスケットと思われる部分は、ランプシェードの傘の部分なそう・・・。
・・・・よーく見ると、たしかに・・・・(^^
傘をひっくり返して、お花をさして、ブーケにしてあります。

ブーケをちょっと傾けて、「揺れてるイメージで・・・」とのこと。
な~るほど・・・♪
[PR]
by wedding-maria | 2007-07-05 12:32 | mariaのお仕事

鉄コン筋クリート

a0021558_22225828.jpg

「もし、も~し・・・・こちら、地球星。日本国(ニホンコク)、シロ隊員。・・・・

応答どうぞ~・・・

シロ隊員、全力で悪と戦っております。ど~ぞ~・・・。

この星はとてもは平和です。

以上、交信オワリ!」

娘がネットで頼んでいたDVDが届きました。とても楽しみにしていた様子で、届いたらすぐに留学先へ送る約束になっていました。

もともとの映画好きが、私以上に映画の世界にのめり込んでしまった娘の影響もあり、しょっちゅう映画館へ二人で足を運んでいたのが、ここ暫くお休みしていました。
久しぶりの映画(アニメ)です。

主人公のクロとシロ。
かなり活気のあったころの昭和時代の下町風景のような・・・架空の町を飛び回る二人の少年。
暴力的なのに、純粋な心を持っている。
キケンな匂いを感じる・・・・・ところもある。
でも、心は繊細で透明感がある。

オモシロイ映画になっています。ちょっと感動ですでに2回観ました。
あと一回観てから、娘に送ることにします。
[PR]
by wedding-maria | 2007-07-03 22:55 | MOVIE