ウェディングマリアのコーヒーブレイク

maria125.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

大和撫子

a0021558_17394459.jpg

まもなく、イギリスへ留学なさる娘さんに持たせてあげたい・・・・と、お母さんのご要望もあって、お作りするワンピースです。
お母さんのおば様にあたるかたが七五三で着たというお振袖の生地でつくります。
たぶん・・・60年以上は経っている着物地です。

橙や黄に染められた柄がのっているとは言え、この黒地のお振袖はその当時7歳の娘さんが着るには、
かなり御ませな雰囲気になったでしょうね。

七五三や成人式など年代に合った子供の成長を祝う行事が日本文化を形作る根底に、あるんだろうな。
そうしたお祝いに着た着物を受け継ぐって、素晴らしいことですね・・・・。

彼女もある意味、日本代表でイギリスへ行かれます。
彼女の大和撫子振りがこのワンピースで一層、引き立つように
かわいらしく、作りましょ♪
[PR]
by wedding-maria | 2009-02-28 18:06 | mariaのお仕事

プードルみたいな。

a0021558_1821987.jpg

フリルがいっぱい。。。。の、フシャフシャティアードフリルのドレスがまもなく出来上がります♪

う~・・・・・ん・・・♪  かわいい!!。。。。。。
まるでプードルみたい。


今日は、それほどジャマされずに集中して仕事ができたから、ちょっとゴキゲン。
a0021558_1872062.jpg

これは、ウェディングでなく、パーティードレスです。
いろんなシーンで着られるように、これをベースにオリジナルのお花で2ウェイに。
同素材のサテンとレースを染色してブラウスも作って3ウェイに。

昨日は、終わらせるはずだった仕事の予定がまるで進まず、夜中までがんばってそれは終わらせることができたけど、次が遅れてしまっていることが、気がかりで今朝はすごーく心配になっていました・・・
でも、今日は進みました♪
思わず進むと何のことはない・・・ウキウキ気分になってしまう。
なんて単純な・・・・

今夜この続きをすれば、明日はたぶん仮縫い縫製にかかれるでしょう・・・・ほっ。。。。。
[PR]
by wedding-maria | 2009-02-26 18:17 | mariaのお仕事

雨のあと・・・・

a0021558_1791949.jpg

夕べから降り続いた雨が、上がりましたよ。




a0021558_17105556.jpg

小鳥たちが水を飲みに来るかなぁ~・・・・




a0021558_1712532.jpg

門扉を開けて、目の高さに椿のピンクが柔らかく、春を感じます。

展示会でのオーダーから始まり仕入れをして、ディスプレイ。
そして販売。
ほとんどショップに籠もりきりで約20日間。

雨が上がりやっと外に出たぁ~!・・・という気分です。

さあて・・・、気分を切り替えて、ドレスの製作にはいりますよー!!
[PR]
by wedding-maria | 2009-02-23 17:23 | 歳時記

展示会中盤・・・

5日目・・・・朝一番のお客様は、新聞広告をみて初めていらして下さった方たちでした。
展示会もちょうど中盤にさしかかりました。
工場から仕上がったばかりの新しいお洋服が毎日届きます。
この箱を開けるのが私達スタッフにとっても、楽しみです。

さて、この時期は春のウェディングの準備期間でもあります。
a0021558_0353449.jpg

デスクの前のスケジュール代わりのデザイン画は、並べられたまま一向に動きません・・・
アトリエに戻ってくると・・・・
すこぅ~しづつ・・・気持ちが壁のデザイン画に移行しつつあります。
展示会のあとは、集中してドレス作りですが、そろそろドレスの立体を進めねば・・・・
夜のお仕事開始モード・・・・突入です。
[PR]
by wedding-maria | 2009-02-18 00:48 | mariaのお仕事

展示会2日目・・・バレンタインデイ

展示会2日目は・・・・
4月下旬から5月の連休の頃のような暖かな陽気になり、気分もウキウキ♪
土曜日ということもあり、三々五々おいでくださったお客様で、途切れることなく賑やかに、楽しい一日でした。
a0021558_18383098.jpg

今回は、チェコビーズを使ったジュエリーも参加しています。
アンティークな雰囲気に仕上げられたネックレスやブローチの数々・・・・
マリアからぜひ、一緒にと・・・と無理をお願いして展示会に合わせて作っていただきました。
美大出身であり、銀座で画商もなさったことがあるという経歴もお持ちのDelicaさんのジュエリーたち。
国内のジュエリー展などでも活躍中で、これからますます活躍が期待されるデザイナーさんです。
今回を機に彼女のジュエリーファンができるといいなぁ~・・・・と、願っています。


それから今日は・・・・
ハッピーバレンタインデー☆でした。
a0021558_23144727.jpg

今日の最終のお客様から
「・・・女の子から女の子へのバレンタインもいいじゃない♪」・・・・といただきました。

可愛らしいパッケージの中に幸せのコインチョコレート☆
ハッピー気分が、疲れも吹っ飛んで、ほわ~ん・・・と癒される気分でした。

細やかな心遣いに、感謝・・・・です。
[PR]
by wedding-maria | 2009-02-14 23:26 | mariaのお仕事

SPRING SALE

a0021558_23372239.jpg

13日(金曜日)から、22日(日曜日)まで、今年最初のスプリング セールを行います。
ショップはすっかり、春気分になりましたよ。
a0021558_23391475.jpg

行事の多い季節なので、メインアイテムはスーツ類です。
他に、スプリングコート、カットソー、インナー、パンツやワンピースetc・・・

今日は、4月上旬の暖かさでした。
・・・・春・・・遠からじ・・・・♪
[PR]
by wedding-maria | 2009-02-12 23:48 | mariaのお仕事

テキサスから。

a0021558_1712492.jpg

今回が2回目です。

一回目は、3年前の夏・・・アメリカのテキサス州にある大学に留学していたお嬢様がウェディングドレスを作りにいらしてくださいました。
ちょうど同じ時期に、その娘さんが留学している大学に自分の娘が語学留学していたので、
あまりの偶然と、つながりに驚きました・・・・。

今回は、昨年その同じ大学を卒業されたお嬢様がドレスをみにいらしてくださいました。
大学の教会でお式を挙げるそうで、ガーデンウェディングになる予定とか・・・・。
実は、このお嬢様は娘がテキサスに居たときに大変お世話になった先輩でした・・・・。

繋がっているものですね☆

Aライン、マーメイド、プリンセス。それぞれどのドレスも可愛らしく似合っていたので、ご本人様も迷ってしまったようでしたが・・・・
5月には、アメリカのお嫁様になります♪

マリアのドレスがテキサスでお披露目になるのがこれで2回目になりそうです。
当日まで、ドレスのデザインは内緒になさるそうです。
個性的なイメージをお持ちの彼女をさらに魅力的にして、彼をあっ!・・・と言わせたいですね。
[PR]
by wedding-maria | 2009-02-09 17:33 | mariaのお仕事

春~るよ、来い♪

a0021558_2326445.jpg

スノードロップが咲き始めました。

落ち葉だらけの茶色の庭に、白とほのかにグリーンの・・・小さな花は、とても可憐です。
春が近づいてくる予感がします。

今週は、ずっとなにかしら行事つづきでした。
1日に新しい女性だけの交流会の発足会に参加しおいしいお料理と親睦を深めながら楽しい時間を過ごしました。

2日は、夏物ファッションのオーダーに都内のメーカーへ。
今月13日からの展示会のための現物もセレクトしてきました。
都内にお住まいのお嫁様とドレスのデザインの打ち合わせも済ますことができたので、展示会が終わったらすぐパターンづくりに入れます。

4日に、地元商工会議所主宰のセミナーに参加しました。
「オバマ新政権でどうなる 米国の経済・産業・通商」と題した経済セミナーです。
ざっくり・・・とおおまかな経済状況のお話しではありましたが、参考になりました。

今日は、展示会のディスプレイに追われ、その前にどーしても済ませてしまいたい型紙作りがあり、それを終わらせてからディスプレイにはいったので、まだ少し残ってしまいました・・・。

昼間の暖かさが春を感じさせてくれた一日でしたね・・・。
暖房をとめて、窓を開け、ゆっくり空を、木々をながめてみました・・・・

春が里に下りてくる準備をしていましたよ♪
[PR]
by wedding-maria | 2009-02-06 23:48 | 歳時記

テェ39歳別れの手紙

結末がわかっているだけに、悲しく、心が重たくなるのは必然です。

無謀な戦いでした・・・。

「キューバ革命を成功に導いたあと、官僚という恵まれた地位にとどまっていることができなかったチェ・ゲバラ。彼を突き動かしているのは愛であり、思想よりはむしろ正義感である。」

「しかし、人間が人間らしく生きることがいかに困難であるか。孤立無援になったチェが身をもって、それをまざまざと見せつける」

解説からも、39歳のその壮絶な人生がうかがえます。

その国の体制に反旗をひるがえし、革命家として活動する。
「もっとも崇高な類の人間である」と訴えたチェ。
革命家としての誇りなのだ。革命家になることは、「人間として最も純粋な形で成熟する機会を与えられた・・・」と表現する。

私には難しい・・・けれど、深く考えさせられるチェの生き様である。
40年経った今でも、革命の英雄として讃えられる所以がその生き様の中にある・・・・。
[PR]
by wedding-maria | 2009-02-01 14:56 | MOVIE