ウェディングマリアのコーヒーブレイク

maria125.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

四角いボックス猫

a0021558_12294135.jpg

「あふれるうまさ・・・・」・・・から、目だけ、ギョロリ!!
a0021558_1231996.jpg

茨城特産あさひのアンデスメロン・・・実は生産日本一・・・・・の中身は、チロちゃん。

中身は、飼い主が次々にぺろりん~・・・・と、いただきました。

a0021558_12355045.jpg

対角線上に、すっぽり。。。。

数日前の四角い箱猫チロちゃんもアップ!
a0021558_12385632.jpg

誰にでもできる技(・・・・体格)では、ありませ~ん♪

丸い鍋には、全く興味を示さないボックス猫でありました・・・・・・。
[PR]
by wedding-maria | 2009-05-30 12:44 | ねこ・ねこ・ねこ

ドレス納品

フシャフシャフリルのマーメイド
a0021558_21545437.jpg

マリアヴェールで挙式です。
a0021558_21564593.jpg

バックスタイルのリボンは、お嫁様本人の提案によるデザインです。
こちらは、四角いショートヴェールを合わせてみました。

ほとんどがお友達ばかり・・・総勢17名でグァムでの挙式。
楽しいでしょうね♪

目が大きくクリッとした魅惑的な彼女に、ホントにぴったりのドレスになりました。
彼女の甘いお色気にプラス、フリルが柔らかく動いてステキ☆

10月に国内で披露宴をなさるそうです。
2回ドレスを着ることができるのって、しあわせね♪
[PR]
by wedding-maria | 2009-05-27 22:09 | mariaのお仕事

天使と悪魔

あの大ヒットセラーとなった「ダ・ヴィンチ・コード」から3年目・・・・
再びロバート・ラングドン教授(トム・ハンクス)の登場です。

つい最近、世界遺産のひとつとしてTVで放送されたばかり・・・・・。
はじめてイタリアへ旅行をしたときに、この地を訪れ感動しました・・・。
キリスト教徒にとっての聖地ヴァチカン市国が今回の舞台。

サンピエトロ大聖堂の広場の設計が、ベルニーニだと知ったのは実はその番組を見たから。
以前きいたはずだが、システィーナ礼拝堂のミケランジェロの天地創造の壁画や彫像に気をとられ、忘れてしまったようだ・・・・。
そのベルニーニの彫刻がかならずストーリーに絡んで内容を神秘的にさせていたのが、面白い。

もう一つ興味深かったのは、暗殺者として直接手を下した犯人がイルミナティーの一員(生きのこり)だったと設定したこと。

信教の自由主義を唱えたフリーメーソンがローマカトリック教会から敵視され弾圧をうけたように、イルミナティーも、一時鎮圧された・・・とパンフに説明があった。当時、「革命を引き起こした政治家の多くが会員だった・・」からであって、「世界を陰で支配する秘密結社」としたのは、作家(ダン・ブラウン)の意図的なもの。

以前、フリッツ・スフリングマイヤーの「イルミナティ 悪魔の13血流」を読んだことがある。
イルミナティとして現在にまで受け継がれた血筋を脈々と綴った本なのだが、誰もが知っている有名な家系がイルミナティであるところの所以を伸べていたことを思い出すと、現在に存在しているものなのか・・・と懐疑的ではあるけれどちょっと戦慄を覚えた。

「ダ・ヴィンチ・コード」と同様、めまぐるしく変わるスピード感がこの「天使と悪魔」にも生かされて、次々に映し出されるローマやヴァチカンの景色が美しく神秘的で、魅力溢れる作品になっていました。

それにしても、私は初めから前法皇の侍従カメルレンゴ(ユアン・マクレガー役)が、どーにも怪しいな・・と思っていました・・・・。(途中、英雄になってしまったので惑わされましたが・・・・。)
前作よりも、原作を読まなくても映画として分かりやすく、スリリングでミステリアスな時間を楽しめました☆
[PR]
by wedding-maria | 2009-05-25 23:42 | MOVIE

オーガンジーフリル

a0021558_11212871.jpg

フリルが重なってくると、フシャフシャ・・・・・としてきて、なんだかホンワカ・・・・気分になります。
この、ホンワカ・・・気分が幸せ気分になるんですよ、ねっ!

6月初旬に、グァムで挙式のお嫁様。
都内の有名お料理教室で、講師を務めています。
お忙しくてなかなかフィッティングに来れずに、縫製のスタートがやや遅れました。
急ピッチで仕上げにかかっています。
今日中にミシンから離れて、ビーズ刺繍に入らなければ・・・・!!
[PR]
by wedding-maria | 2009-05-23 11:28 | mariaのお仕事

イレギュラーなマーメイド

a0021558_1923969.jpg

お嫁様は、プロのネイリスト。

以前マリアのドレスでウェディングをなさった方のネイルも担当したことがあったそうです。

毎回、華やかでかわいらしいネイルでいらっしゃいます。

そんな彼女が選んだのは、モダンなシンプルドレス。

どこにもない彼女にだからお似合いになるデザインです。

まだ立体が途中ですが、ここまでくればあと少し・・・・。ほお~っとしながら、ひと休憩。

明日は仮縫い縫製です。
[PR]
by wedding-maria | 2009-05-19 19:32 | mariaのお仕事

散歩

a0021558_2315125.jpg

千波湖の夕暮れ   18時ころ。


a0021558_232494.jpg

湖を一周して     19時近く。


夕暮れ時のお散歩が気持ちよい季節になりました。
[PR]
by wedding-maria | 2009-05-18 23:06 | 歳時記

おつかれさま会

a0021558_21224492.jpg

「リューシュ展」のあと・・・
イベントが終わると、すぐ次のことに目が向いてしまうので、気持ちが切り替わってしまう・・・・
・・・のが通例なのですが、今回は違いました。
日に日に、充実した重みを感じました。

「リューシュ展」のおつかれさま会を千波湖畔の「とう粋庵」にて、開きました。
生徒さんや特に身近にお手伝いして下さった方など30人近い方たちと、労をねぎらいながら、
それぞれの感想を述べていただきました。

・描くことが楽しくおもしろいという教えをいただきました。
・教室なので受身でいたのが展覧会の経験から、これからは、先生とバトルし合いながらでも描きたい。
・たくさんの方に観ていただき、自分が「認められた」と感じました。
・この展覧会を開催できたこの時期に教室の生徒として居れたことが良かった。
・自分を貫くことの大切さを知りました。
・未だに興奮冷めやらない気分。「やればできる」ことを知りました。何を残せるかと思いつつ描いている。
・「粘り強さ、投げ出さない、諦めない」事を学びました。
等々・・・・

展覧会が夢ではなかったか・・・と思えたほど、と感じた生徒さんも・・・。

成功したことの証です。

リューシュ展をひらくにあたって以前からお世話になっている元近代美術館副館長や県立図書館館長など歴任なさった方から・・・・
・・・・日展や県展、他、団体の展覧会を行うことはあっても、個人の教室がここまで大きな展覧会を行ったのは、初めて。全国的にみても5本の指に入るかもしれません・・・。来館者数が多いのに驚きました。それでいてアットホームな雰囲気ですばらしかった・・・・・
つい、胸をはりたくなってしまうような祝辞をいただきました。

・会場の視察のときにその広さに恐さを感じ「これではいけない!」と・・・。
・会場の中にある自分の絵が弱い・・・と感じた。
・好きなように、楽しく描いているが、何か足りないものがあると感じる・・・。
・・・・マイナスがプラスに変わる瞬間だね。

私は裏方としてお手伝いをさせていただいただけですが・・・・
皆様、ほんとうにおつかれさまでした☆

みんなの気持ちが一つになるって、ゾクッ!!とするような喜びがある。
次の一歩を気持ちよく踏み出せる。
[PR]
by wedding-maria | 2009-05-18 22:26 | MY SHOP

おくりびと

アカデミー賞(外国語映画賞)を受賞したこの作品。
当時上映中は、気にかけていながら見逃してしまった作品。
地元の映画館で今日までの特別期間での上映でした。

観ることができて、良かった・・・・・。

納棺士という聞きなれない職業。
亡くなった方を見送るために、全くの他人が(全くの他人だからできるとも言えるけど・・・)行うこのような仕事があったことを、改めて知りました。

美しいとさえ感じれるほど、主人公役の本木雅弘の納棺士として行う所作がすばらしかった。
NKエージェントの社長役の山崎努がまた人生の先輩としても、すごくいい味をだしていて感動しました。
最後に送ってもらうなら、自分もこんなふうにされたいと、思ってしまいました。

映画の脚本も、ちょっと茶目っ気があったり笑ってしまえる楽しさがあり、でもそれぞれ亡くなったかたの人生の背景が、短い中にきちんと織り込まれていて、後半はず~っと涙が止まりませんでした・・・。

死ぬというのは、門をくぐること・・・。
門をくぐったら、あの世でまた逢える・・・・。
だから「また、逢おうね。」と送り出す。

いづれ死ぬときが来る・・・・
でも、もしかするとまた自分が出会ったたくさんの人たちに門をくぐった向こうで逢う事ができる・・・・かもしれない。
本当にそう思える心の中がほわ~っと、あたたまる映画でした。
[PR]
by wedding-maria | 2009-05-15 19:35 | MOVIE

初夏のウェディング

a0021558_1911864.jpg

アプローチのクレマチスが青々と美しかったので・・・一枚☆

今年の人気の海外ウェディングは、グァム。
これは、マリアアトリエだけのデーターですから、他は実は違うかも知れません・・・;;;

数年前は、ヨーロッパが人気でした。
昨年は、遠くモルディブで挙式なさったカップルも。

でも、今年は経済を反映しているのかな・・・
昨日、オーダーいただいた8月の挙式のカップルもグァムです。
a0021558_1971279.jpg

6月初め、やはりグァムで挙式のこのドレス。
行事が続いていたので、製作がやや遅れ気味。
今日は、とにかくアトリエにこもり地味~に、お仕事の一日でした。
[PR]
by wedding-maria | 2009-05-10 19:13 | mariaのお仕事

新たな出会い

a0021558_2333575.jpg

このブローチは、イギリスへ留学された娘さんの着物地ワンピースの生地で作ったものです。
残布があったので、作ることを提案させていただきました。
お洋服につけたら、お母さんの想いがきっとイギリスまで飛んでいきますよ♪

明日は、ゴールデンウィークの最終日ですね。
皆さんは、どのようにお休みを過ごされたでしょうか・・・・。

明日の朝一番にウェディングドレス試着のアポがはいっています。
10月、11月に挙式をなさるかたの、試着予約が増えてきました・・・。

新しい出会いのお嫁様に、どんなドレスのデザインがお似合いになるか、考えていくのが楽しみ☆
[PR]
by wedding-maria | 2009-05-05 23:54 | mariaのお仕事