ウェディングマリアのコーヒーブレイク

maria125.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

アンティークショップ店内

a0021558_14384425.jpg

エキゾチックにさえ見える枯れ落ちようとするようなチューリップ。


こんなムードのイメージが店内に合っています。


生き生きとしている花は、それだけで瑞々しく美しい。





だけれども、朽ちようとするところも美しいな~。。。。
[PR]
by wedding-maria | 2013-03-31 14:43 | MY SHOP

リューシュブンカムラ店内風景

リューシュブンカムラのアンティーク店内の風景です。
a0021558_14303134.jpg

ヤブツバキをお客様が持ってきてくださいました。


3灯のエンジェルランプのしたで、妙に合っています。






a0021558_143296.jpg

この季節ならではのボケも大胆に備前の破れツボにさしてみました。


いかにも、和モノならではの味わいになりました。



季節のお花が春の訪れを告げる店内です。
[PR]
by wedding-maria | 2013-03-30 14:37 | MY SHOP

第9回ベラドンナ・アート展

a0021558_23182058.jpg

第9回ベラドンナ・アート展が4月18日から22日まで
上野公園内の東京都立美術館で開かれます。


昨年は
「受け継がれるもの~慈愛~」と題して
打掛だった着物をリメイクした晴れやかな赤いドレスを出展しました。
a0021558_23214691.jpg


a0021558_23232656.jpg





今年は、昨年とは全く違った渋い中にも華やかさのあるレトロムードなドレスです。
a0021558_23303788.jpg

全容は明かすわけにはいきませんので・・・・バックスタイルをちらっと・・・(笑)


やはり今回も「受継がれるもの」がテーマです。
こちらも二着の着物と錦糸の刺繍の袋帯からリメイクしたドレスです。
a0021558_23343457.jpg

現代のドレス素材もデザイン要素に入れて
さらに染色したリヴァレースにパールやビーズの刺繍を加えて
控えめですが上品なアクセントをつけました。


同展には、女性作家たちの絵画作品を中心に、彫刻やオブジェ。
人形やジュエリーにドレスまで、様々な分野の作品が会場いっぱいに展示されます。

たくさんの方に見ていただき、楽しんでもらえたらいいな~。。。と思います。


今年は、21日に主催者のベラドンナの檜の特別イベントもあるようです。
通常の美術展とは、ひと味違ったベラドンナ・アートならではの注目される内容です。


お気軽に足を運んでみてくださいね~♪
[PR]
by wedding-maria | 2013-03-26 23:51 | 歳時記

着物をドレスに

a0021558_075451.jpg

花嫁や花婿のお母様がお式の当日に着るファッションは、現在でもほとんどが留袖です。


最近は、ほぼ教会式の挙式ステイルで花嫁様は、ウェディングドレスを着ますね。

お父様はタキシードなのに、なぜかお母様は着物になるわけです。

ちょっと不思議な異文化の取合せが、当たり前の風景になっているのだから面白い。



今回は、その留袖を花嫁のお母様からドレスに変えて欲しいとのご要望でオーダーいただきました。

格式を重んじる場にふさわしく、ロングドレスとボレロの組み合わせで作ることにしました。

一着の着物だけからアンサンブルを作るには、用尺が足りません。

なので、ドレス生地を加えてそれをデザインポイントにしてモダンに仕上げる予定です。


実は、私の得意とするデザイン分野なんですよ♪


日本古来から受け継がれてきた伝統あるきもの文化。

ドレスに変えてもその上品さとパワーは失わず、却ってドレス生地とコラボさせるとモダンに華やかさを増してきます。


ワクワク気分のドレス作りがまたスタートします。
[PR]
by wedding-maria | 2013-03-22 00:28 | mariaのお仕事

再会

a0021558_11252291.jpg

大正時代の豪華な錦織の袋帯。
カラードレスのコサージュとして復活です。


ご本人様のおばあちゃまが着ていたという着物を二着選んで
デザインしたドレスです。


展覧会に出展する準備のために、再会することができました。


これから、少し手を加えさらに華やかにする予定です。
[PR]
by wedding-maria | 2013-03-10 11:39 | mariaのお仕事

さくら色ウェディングドレス

a0021558_15285160.jpg

ドレス納品を済ませ、ほお~っと、ひと息。


ピンクカラーのドレスは、

4月初め本物の桜が咲く頃にお嫁にゆきます。



お父様、お母様がご一緒に来られて

「ドレス作りをしながら、

とても良い貴重な時間を過ごすことができました。」としみじみとお話してらっしゃいました。



大切な娘さんと一緒に過ごす最後の時間・・・・・

ドレス作りを通して楽しんでいただけたことが、大変嬉しいです。
[PR]
by wedding-maria | 2013-03-03 15:57 | mariaのお仕事