ウェディングマリアのコーヒーブレイク

maria125.exblog.jp
ブログトップ

ニュース欄に掲載

自分のことがニュース欄に掲載されているのをお友達に教えていただくまで
全く知りませんでした!!

先月の「ベラドンナ・アート展」の大賞受賞の記事でした。

まるで他人事のような気分なので、不思議ですが記念になります☆


なのでブログにも貼り付けてみました。


産経新聞の記者さま、ありがとうございます。


そして、水戸高橋市長さまがおっしゃっていられるように、自分ができることで
皆さまのお役にたてそうなことを
特に講演会をさせていただける小学校や中学校の子供たちにわかりやすく伝えられるように
努力していこうと思います。

これからも、今までと同じように黙々と自分のお仕事を続けていくつもりです☆
[PR]
# by wedding-maria | 2014-05-19 22:56 | 歳時記

着ものドレス納品

a0021558_12541586.jpg

お客様のお気に入りのお着物でワンピースドレスが出来上がり、
納品も無事に済ませました。



a0021558_12551496.jpg

海外でのレセプションやパーティーでお召しになるそうです。



海外でのパーティーですと、すっかりイブニングドレスでの正装になりますから
このデザイン、柄でもけっしてとびぬけることはなく、きっと
この和柄の独特の雰囲気が目を引くだろうと思います。


身体のラインを美しく魅せるドレスに仕上がりました♪
[PR]
# by wedding-maria | 2014-05-17 13:03 | mariaのお仕事

着物で、ドレス

a0021558_1817327.jpg

昔の留袖をドレスにしたいとオーダーをいただきました♪

型紙を作る前にドレーピングをしたところです。


柄の置き方でイメージがずいぶん変わります。


a0021558_18185553.jpg

こちらの着物は、海外へお仕事を兼ねてお出かけになる方からのオーダーです。


海外でのパーティーでは、きっと華やかに注目の的になると思います。


どんな仕上がりになるか自分も楽しみです☆
[PR]
# by wedding-maria | 2014-05-15 18:20 | mariaのお仕事

第10回ベラドンナ・アート展を終えて・・・

a0021558_1523928.jpg

ベラドンナ・アート展が楽しい空気のまま無事に終了しました♪

恒例のファッションショーのあとのお写真をモデルさん(作家のACOさんです)にきていただきました。
このドレスなんと!!
「大賞」に選出されました☆


a0021558_15252989.jpg

参加するだけでワクワクと楽しいので、祖母と母の想いを形にし、作品にした
「受け継がれるもの~夢のつづき~」
それでも必死で作り上げた作品でしたが、
それが、展覧会で唯一の「大賞」をいただくことになるなんて、本当に思いもしなかったことでした。


a0021558_15295628.jpg

祖母の時代の大正時代のお着物とドレス素材とのコラボで現代に蘇りました!!


a0021558_15301450.jpg

桜をイメージした花弁をたくさん重ねて、戦争を経験した祖母と母の時代の二人の想いを
戦争を知らずに育った私の想いを加えて形にしました。


a0021558_15354581.jpg


この受賞を励みに
「夢のつづき・・・」をこれからも、演出していきます!!

この受賞はそんな思いを後押ししてくれるものになりました。
[PR]
# by wedding-maria | 2014-04-25 15:34 | 歳時記

ベラドンナ・アート展に向けて・・・vol.1

今週18日からいよいよ、ベラドンナ・アート展が始まります。

私の作品は
「受け継がれるもの~夢のつづき~」と題した大正末から昭和初期に作られた着ものを素材にしたドレスです。

着ものをほどいたところの写真です。
a0021558_1352958.jpg


こちらは、刺繍を施している製作途中写真です。
a0021558_2395079.jpg


祖母は、地元が水戸藩時代の城下町にあたる下市の出身でした。
当時大きなお醤油問屋のお嬢様だったと聞いています。そのころに着ていたか母の実家に嫁ぐときに
持たされたものか定かではありませんが、その頃の着もののようです。
余談ですが、祖母が嫁いだ先(つまり母の実家)は、あの、桜田門外の変で幕府にクーデターを起こした
天狗党の末裔なのだそうです。
そんなまるで歴史物語ができそうな着物の、色と柄に、私は魅せられました。
サーモンピンクというよりは、アプリコットカラーに近いピンク。
古典柄の花と扇。色合いがどれも鮮やかで延び延びとしています。当時の街娘がきていた中振袖といった感じでしょうか。。。。

眺めているうちに、これを私の実家に嫁ぐときに持たされた母の思いと
若いころから活発な性格の母の本当はしたかったであろう「夢」を形にしたいと考えました。
[PR]
# by wedding-maria | 2014-04-13 13:26 | 歳時記

コーヒーブレイク

a0021558_11595675.jpg

行事がいくつか続きました。

申し込んでいたセミナーに参加したりファッション展示会へでかけてオーダーをしたり、

ウェディングのお仕事も次々・・・と締め切りに間に合わせるようにと

昨日まで、とにかく走り回っていましたよ~!!


そして今日の午前中は、ちょっぴり一息つけました~♪


a0021558_124242.jpg

一息だから、それはコーヒーを一杯いただく時間の気分転換みたいなもの。

そのひと時しかない時間にどっぷり浸かって、リフレッショ!!


さて、皆さんはお仕事をいくつか抱えていて「さあ!どれから始めようか?!」
という時、何から選んでいきますか?

時間?
内容の重要性?
簡単に済ませられそうなことから?

私は、何といっても時間です。
すぐ目の前の原稿の締め切りや、ドレスやお洋服のオーダーの納品時期に合わせた進行具合、
今日のアポの準備等々・・・・(種類が違うのが厄介なのです)

当たり前のように思えるこの時間に縛られてしまう日常。

当たり前と思っているから時間に縛られた行動になってしまうのだけれど、
他に違った視点があってそれに基づいて行動すると、同じことに追われていても
心に余裕ができるのではないだろうか?・・・・?
実は・・・
模索中。。。。。(笑)

なにはともあれ、コーヒーブレイクタイムは、終了!!

頭の中を整理して、さあ!行動!!
[PR]
# by wedding-maria | 2014-04-09 12:20 | MY SHOP

第10回ベラドンナ・アート展

a0021558_23515524.jpg


4月18日から22日まで
上野にある東京都美術館にて
「ベラドンナ・アート展」が今年も開催されます。


a0021558_23522033.jpg

第8回展に入選したのは
「受け継がれるもの~慈愛~」と題した世界に一着しかない着ものドレスでした。



a0021558_23551567.jpg

第9回展(昨年)の時は、こちらの作品が賞をいただきました。
「再会 2014」
こちらも、着ものを二着使用して作ったドレスになります。


そして第10回目を迎える今年は・・・・
華やかな可愛らしさで、昭和という時代を表現したドレス。
「受け継がれるもの~夢のつづき」です。
a0021558_053271.jpg

私の母が若いころに着ていた着物をもらい受けて、いったんバラバラにほどきドレスとして
蘇らせました。



どんなデザインになったかは、展覧会会場でのお楽しみ☆です。


期間中に会場へ足を運んでいただける方に招待券を贈りたいと思います☆
どうぞ、ご連絡くださいませ。
[PR]
# by wedding-maria | 2014-03-29 00:13 | 歳時記

学校講演会

a0021558_12513785.jpg

子供たちの夢を育むお手伝いができたらいいな。
こんなお仕事もあるんだよ。・・・と、
ファッションデザイナー、ドレスデザイナーとして講演会をさせていただきました。

その時の様子を
学校の会報の一面に掲載されたのが
お世話になった校長先生のお便りと一緒に同封されていて驚きました。

学校の先生たちも
昨今の子供たちを取り巻く社会のいろいろな問題が子供たちに及ぼす影響を危惧しています。
そんななか、同じ地元の出身、同じ環境で育った先輩にこんな方がいますよ!・・・と
子供たちに、ぜひ夢の実現のお話をしてください、と
呼んでいただいたのです。

「夢と希望でつなぐ人・絆づくり」
という特別授業。

子供たちが屈託がなく、本当に楽しんでウェディングドレスをきてくださいました。
生徒さんの中には、
「将来の夢はデザイナーになることです!」と話してくれた男の子もいました!!

まもなく6年生は卒業します。
モデルさんをしてくださった可愛い子たち、これからどんな道を歩んでゆくのだろう。。。
一緒に過ごした時間は短いけれど、濃い時間を共有できたことが本当に嬉しいです。
[PR]
# by wedding-maria | 2014-03-18 13:11 | 歳時記

お母様の装い

a0021558_162948100.jpg

花嫁さまのお母様から当日着られるブラウスのオーダーをいただきました。



a0021558_16313150.jpg

身頃は、フランス製のリヴァーレースの黒を使います。



袖はシフォンで、重たくならない様にして透け感をだします。



新郎、新婦さまのお母様の装いは、黒留袖の方がほとんどです。
伝統にのっとってお着物は、確かに良いものだと思います。

ですが昨今は、挙式のほとんどが教会式です。
花嫁はウェディングドレスをお召しになります。
新郎、新婦さま、そしてお父様は、モーニングで、皆さんが洋装です。
・・・なのに、お母さまだけが和装の黒留袖の方がほとんどですね。



最近はお母様にも選択肢が広がってきて、自分らしいオシャレを楽しんで当日に臨まれる方も増えています。



レースの上には、ビーズやスパンコール刺繍を施して
上品な華やかさも加えていきます。
[PR]
# by wedding-maria | 2014-03-15 16:45 | mariaのお仕事

スーツ作製

卒業式や、まもなく入学式もやってきます。

ここのところ、急にそんなセレモニーでも!着られるスーツや、ジャケットのオーダーが
続いています。


セレモニーだけにしか着られないスーツ・・・というのは、現在ではあまり望まれていません。


終わってからも、バラバラにしてもバランスが変にならずにカジュアル感覚でも着られるデザインが、人気です。


ほんの二日まえにオーダーいただいた卒業式用のジャケットは、他のオーダーをちょっとお休みして
今日、仮縫いまで済ますことができました。


ほ~っとしていたところ、今度は入学式までにとスリーピースのオーダーを今夜、いただきました。


間に、ウェディングもあり他にもブラウスや細かなオーダー品が続きます。


どれもこれも、もちろん全力投球!!




皆さまにご満足いただけるお洋服、ドレスを仕上げられるように、
時間の配分の計画を練って・・・・今夜は、とりあえず、おやすみします(笑)
[PR]
# by wedding-maria | 2014-03-09 00:02 | mariaのお仕事